カテゴリ:奇跡の体験( 6 )

girl cattleman

c0202860_1731594.jpg

私の、この「牛飼いの少女」の作品を見て、大好きなピアニスト 八重尾雄太さんが、曲を作ってくださいました
c0202860_21522278.jpg

ちなみに、YUTAさんは、松山ケンイチに、似た、イケメンです。(手前のピアノを弾いている彼です。)

曲名は「girl cattleman」  再生してみてね♪ もう、本当に、感動です。写真を続けていてよかった。

よければ、こちら → http://www.facebook.com/midorikishida77  にも、アクセスしてください。

記事は、基本的には、友達限定にしていますが、この記事は、公開しています。
本当に、素晴らしい音楽です。感動しました。八重尾雄太さん、本当に、ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
♪ ♪クリックしていただければ嬉しいです♪ ♪
[PR]
by FantasyArt | 2013-04-08 17:36 | 奇跡の体験

龍神

c0202860_4585425.jpg

写真を撮っている時は、解らなかったのですが、龍のような形の炎が、結構写っていた。
c0202860_50027.jpg

これらの、画像は、撮りっぱなし。画像処理なし。節分をもって、立春とし、年が改まり運気が変わるのだそう。
そのため、平安時代から、宮中においても、魔を、払う為の行事が、行われていたみたい。
c0202860_511183.jpg

現地のガイドさんが、「霊感のある人は、龍の形を写す。」と、言っておられましたが、正にそんな感じ。
c0202860_535041.jpg

そんな話、信じない人もいるかもしれないけど、その存在を、強く感じたことがある。→ 
せっかくなので、護摩木に願い事。開運除災と書く。気持ちがス~ッとした。
c0202860_5123511.jpg

そして、お坊さんを見かける。写真を撮ってもいいですか?と、訪ねると日本語が、解らなかったみたい。
衣裳の色から、タイですか?と聞くと、ブータン との事。
c0202860_513227.jpg

とっても可愛かったです。そして、気品が漂っていました。ブータンのお坊さんに会ったのは初めて。
とても嬉しかったです。 感謝∞*:;+*:;+ .. ♪

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
クリックしていただければ嬉しいです♪ 
[PR]
by FantasyArt | 2013-02-13 05:20 | 奇跡の体験

ストーンズ 私の宝物。

私は今から、約23年前、ストーンズの初来日のときに、たまたま、仕事で東京に、来ていました。
そのころ、独身時代の旦那と、友達4人はストーンズのコンサートで、東京ドームに、行くもようでした。
私はどちらかというと、ビートルズ派で、ストーンズの曲も,あんまり知らなかったので、
コンサートには行かず、その後、食事を皆で一緒にしようと、約束していました。

しかし、その中の一人が、たまたま来れなくなったということで、私が、急きょ、コンサートに、
行くことになったのです。チケット高かったですが、行けなくなった子の分を購入しました。

c0202860_7494894.jpg

でも、このチケット、よく見ると、未使用ですよね。それには、こんな経緯があるのです。
c0202860_7581079.jpg

入場前のゲートで待っているときのことです。
外人の、おじさんと、目が合いました。にこにこと笑いかけてくるので、私も、にこっと笑いかけました。
おじさんは、ず~っとこちらを見てニコニコ笑っています。
目をそらす事がなぜだかできず、しばらく、笑いあっていました。

すると、「カモーン」といって、手招きをしています。私は、なんだろ?と思いながら、近づいていくと、
着ていた革ジャンの、腕に、シールのようなものを貼ってくれたのです。
「私は、何じゃこりゃ?」って感じで、友達がいる方向へ帰ると、その中のひとりが、
「それって、VIPって、書いてあるけど、バックステージパスなんじゃないの?」と、叫びました。
「え~?なになに?そんなすごいものなん?」と唖然としていたら、友達の一人が泣き出してしまいました。
その子はキースの大ファンで、この日をどんなに待ち望んでいたかわからないのに。。。と言って。
c0202860_893512.jpg

そうすると、そのおじさん、一瞬困り果てたような、顔をしていましたが、結局配慮してくれて、
私たち、6人、VIP待遇で、コンサートを、見れることになったのです。

そして、入場ゲートからではなく、スタッフが、出入りしている入り口から、入ることになったのです~!!

私はストーンズのファンでもないのに、この突然の棚から、牡丹餅状態にかなり、興奮していました。
友達も、皆、大興奮。そりゃそうですよね。待ちわびた初来日コンサートで、いきなり、VIP待遇なんですから。
その待合室には、奇麗なカウンターがあって、飲み物は、ジュースやコーヒー、アルコールも揃っていました。
そして、芸能人が、何人か居ました。私が、よく覚えているのは、紺野美佐子さん。
それから、ジャニーズの男闘呼組。キョンキョンもいました。
その他、一般人の人は、私たち以外には、居ない様子で、音楽関係の仕事をしている人ばかりの様子。

そして、コンサートが始まりました。私たちはどこで、鑑賞したのかというと、
アリーナよりももっと前の、柵の前。いわゆる、ステージから、最も近い場所から、かぶりつきで、見させてもらったのです。
立ち見でしたが、全然、しんどくありませんでした♪
(後にそのおじさんは、ツアーをマネージメントしていたすごい人だと、TVで、知りました。)



そして、このyoutube!男闘呼組、映ってるし。正にその横に居た私。映っていなかった。おしい!


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
♪ ♪クリックしていただければ嬉しいです♪ ♪
[PR]
by FantasyArt | 2013-02-06 08:28 | 奇跡の体験

龍は、きっといると思う

c0202860_19191532.jpg

大正池で、写真を撮っている時、一瞬、霧の形が、龍のように見えた。

最初に、龍の存在を、強く感じたのは、子供が小学生のころ、行っていた、キャンプ場。
るるぶとかに、載っていない渓谷のキャンプ場を、友達が、見つけてきた。
行ってみると、整備は完全には、されていないけど、真夏であるにもかかわらず、
岩から湧き出している水が、とても綺麗で、そして、ひんやり冷たかった。

水は滝のように、流れていて、その先には、泉があった。
とっても、深いグリーンの泉。
皆で、岩場を上がって行って、一人ずつ、鎖につかまりながら、その泉にドッボーンとハマるのが
おきまりになっていた。

あるとき、私が、その泉にハマった時、足元に、なんかいる感じがした。
解らないけど、大きな存在。なんだか、ゾ~っとして、美しい泉を、ゆっくり楽しむ余裕なく、早めに上がった。
すると、ポツポツ雨が降り始め、大雨になった。
そのうち、雷が鳴り始め、やばい事になる前に、そのキャンプ場を退散しようということになった。

車で、2時間余りの帰路だったけど、まるで雨雲が、車についてくるかのように、雷鳴を轟かして
追ってくる感じ。なんだか、恐れを感じて、私は一人心の中で 「眠っていた龍を起こしたに違いない。」と、思っていた。
帰ってから、そのキャンプ場の事を、ネットで調べてみる。キャンプ場に流れていた滝は
「白龍雌滝」という名前がついていた。

龍は、空中、地上、水中に住み、天空天地を行き来して、雲を呼び雨を降らせるなど、
水を自在に支配する水神として、古来より信仰され、祀られたという。


こんな話、信じない人も、いるかもしれないけど、私は、龍の存在を信じる。
目には見えないけど、きっと、ピュアな心でいるときに、ひょっこりと、存在を示してくれるんだと思う。

いると、思った方が、なんだか、ファンタジックで、楽しくなるしね。(^^♪

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
♪♪ いつも、ありがとう ♪♪
[PR]
by FantasyArt | 2012-11-13 19:57 | 奇跡の体験

托鉢

c0202860_22105781.jpg

托鉢の始まる早朝。寺院の近くで、シャッターを押していて、いくつもの白い丸が。何かゴミが写っていると、思っていました。
c0202860_22111297.jpg

ゆっくりパソコンで見てみると、これは、撮像素子のゴミではない。ゴミなら同じ場所に出るはず。
「ひょっとしてオーブ?」
オーブ現象は「「神やエンジェル達の光」として、喜ぶべきものらしく、この場所で、そういう事は、ありえる事かもしれない。
c0202860_22124872.jpg

c0202860_2223118.jpg

ありがたい気持ちになった、世界遺産の街、ルアンパパンの早朝。
c0202860_2332664.jpg

[PR]
by fantasyart | 2010-10-04 22:08 | 奇跡の体験

ありがたい体験

c0202860_7425995.jpg

笑顔の村を、出発した後、出会ったのが、お坊さんたちが何かを建設している姿。
c0202860_7431948.jpg

見ると、新しいお寺を建設中のようでした。
c0202860_7434316.jpg

こちらのお坊さんは、小麦色で、筋肉質で、本当に皆、綺麗なんです016.gif
c0202860_744415.jpg

私たちが、撮影している様子を、遠くから見つめていた僧侶が、
c0202860_7541624.jpg

こっちにやってきました。
c0202860_7442587.jpg

そして、建設中のお寺に、少しばかりの寄付をさせていただくと(写真右は現地の通訳さん)
c0202860_745737.jpg

一人一人に、ありがたいお経を唱えていただき、ミサンガを、僧侶自らつけてくれて、小指ほどの
大きさの観音像を、頂けたのです。
(ミサンガって、自然と取れるまでつけていたら、願い事がかなうと言いますが、本物の僧侶につけてもらったミサンガ…きっと願い事が、叶いますよね♪)
c0202860_7594943.jpg

まるで、インディージョーンズのような、体験!

こちらのお寺の名前は、Wat Phachao Phan lane Ban le Sivilay Temple だそうです。
はてさて、どんなお寺が建設されるのでしょうか。
名前の記帳もさせていただいたのですが、嬉しい便りが届くでしょうか。
心の奥が、熱くなるような、ありがたい体験でした。
[PR]
by fantasyart | 2010-10-04 07:44 | 奇跡の体験


写真を撮ったり 絵を描くことが 好きです


by Fantasia

プロフィールを見る
画像一覧